関連情報
ホーム > 製品 > NAG 数値計算ライブラリ

NAG 数値計算ライブラリ

正しい計算結果をより速く!

NAG 数値計算ライブラリは、科学技術・統計計算アルゴリズムを集大成した汎用数値計算ライブラリです。 計算結果の信頼性はもとより、計算速度、移植性にも優れており、PC からスーパーコンピューターまで、様々な環境(プログラミング言語、OS、ハード)でご利用いただけます。

製品ラインアップ

NAG 数値計算ライブラリは、ご利用の環境に応じて6種類の製品に分かれています。
※ ご利用いただける機能(ルーチン・関数)はどの製品も同等です。

また、Java、Python から NAG 数値計算ライブラリをご利用いただけるラッパー、バインディングを提供しています。

以下の表に、ご利用の環境に対応する、おすすめの製品を紹介します。

ご利用の環境 おすすめの製品
C/C++ NAG C Library
Fortran NAG Library for SMP & Multicore
NAG Fortran Library
VBA(Excel) NAG Fortran Library
NAG C Library
C# NAG Library for .NET
Java NAG Library for Java
Python NAG Library for Python
MATLAB® NAG Toolbox for MATLAB®
その他の言語 NAG C Library
NAG Fortran Library
マルチコア環境(並列計算) NAG Library for SMP & Multicore
メニーコア環境(並列計算) NAG Library for SMP & Multicore
クラスタ環境(並列計算) NAG MPI Parallel Library

主なユーザー様

NAG 数値計算ライブラリは、以下のようなお客様に幅広くご利用いただいております。

  • 大学、国立研究所、大型計算機センター
  • 企業の研究所(製薬、通信、電力、自動車、航空機など)
  • 銀行、証券会社などの金融機関
  • システム、ソフトウェア開発会社
  • その他、製造業、小売業など

ご利用のメリット

プログラム開発では、可能な限り既製の計算ルーチンを利用する方がコスト面で(また、パフォーマンス面でも)有利です。例えば、サインやコサインの値が必要となった場合に、計算ルーチン sin、cos を自作する方はほとんどいないでしょう。NAG 数値計算ライブラリは、定番の科学技術・統計計算ルーチンを網羅しています。数値計算を伴うプログラム開発で必ず役に立つ製品です。

  • プログラムの部品として簡単に使えます!
    NAG 数値計算ライブラリの計算ルーチンは、プログラムの部品として簡単に利用することができます。
  • 信頼の計算結果
    NAG 数値計算ライブラリは、「計算結果の信頼性」を最重要と考え、数値計算の専門家により設計・実装されています。
  • 高いパフォーマンス
    マルチプロセッサ/マルチコア環境、メニーコア環境、クラスタ環境などの並列環境においてパフォーマンスを追及した製品をご用意しております。
  • 40年以上の実績
    今後も最新の環境(プログラミング言語、OS、ハード)にいち早く対応します。

ライセンス

NAG 数値計算ライブラリのご利用には弊社が提供するライセンスが必要です。ノードロックライセンス(マシン固定のライセンス)、USB キーライセンス、フローティングライセンスなど、用途に合わせて様々なライセンス形態をご用意しております。※ 詳細

USB キー


USB キーの例

アプリケーションの再配布

NAG 数値計算ライブラリを利用したアプリケーションは再配布が可能です。
再配布の際には、配布数分のライセンスが別途必要となります。

詳細は お問い合わせ ください。

ご利用可能なプログラミング言語

C/C++
Fortran
VBA (Excel)
.NET (C#, C++, VB, F#)
Java
Python
MATLAB®
etc.

※ 詳細

サポートしている OS

Linux
Windows
Mac OS X
Solaris
AIX
IRIX
TRU64
HP-UX
etc.


ライブラリの使用例

NAG 数値計算ライブラリは一種の外部ライブラリです。呼び出し元のソースプログラムのコンパイル・リンク時に、NAG 数値計算ライブラリをリンク指定する必要があります。

@ コーディング

#include <nag.h>
・・・
  for (j = 0; j < m; ++j)
    fscanf(fpin, "%d", &isx[j]);

  /* NAG 数値計算ライブラリのルーチン・関数を呼び出す.*/
  nag_mv_kmeans_cluster_analysis(n, m, x, tdx, isx, nvar, k, cmeans,
    tdcmeans, wtptr, inc, nic, css, csw, maxit, &fail);

  if (fail.code != NE_NOERROR) {
    fprintf(fpout,
      "Error from nag_mv_kmeans_cluster_analysis (g03efc).\n%s\n",
      fail.message);
  }
・・・

A ライブラリのリンク

gcc myprog.c -lnag

※ リンクコマンドの詳細は各製品のユーザーガイドをご覧ください。

B プログラムの実行

./a.out

主な提供機能

  • 最適化(関数の最小化/最大化) - 局所的最適化/大域的最適化
  • 常微分方程式、偏微分方程式
  • ウェーブレット変換
  • オプションプライシングの公式
  • PLS 回帰、リッジ回帰
  • Nearest Correlation Matrix
  • 分位数
  • メッシュ生成
  • 数値積分
  • 非線形方程式の根
  • 密(dense)/帯(banded)/疎(sparse)線形方程式
  • 固有値問題
  • 線形/非線形最小二乗問題
  • 特殊関数
  • 曲線/曲面のあてはめ、補間
  • 大規模(スパース)固有値問題
  • 大規模(スパース)連立一次方程式
  • 擬似乱数
  • 統計データの単純計算
  • 相関/回帰分析
  • 多変量解析
  • 分散分析、分割表分析
  • 時系列解析
  • ノンパラメトリック統計
  • 正規コピュラ、 t コピュラ
  • その他 ... 各機能(ルーチン・関数)の詳細は、各製品のマニュアルをご参照ください。

NAG C Library マニュアル

NAG Fortran Library マニュアル


Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks