関連情報

C#による 誤差関数の補数

C#によるサンプルソースコード
使用関数名:s15ad

Keyword: 誤差関数の補数

概要

本サンプルは誤差関数の補数を求めるC#によるサンプルプログラムです。 本サンプルは引数xを読み込み、xの各値について以下に示される誤差関数の補数を求めて出力します。

誤差関数の補数のデータ 

※本サンプルはNAG Library for .NETに含まれる関数 s15ad() のExampleコードです。本サンプル及び関数の詳細情報は s15ad のマニュアルページをご参照ください。
ご相談やお問い合わせはこちらまで

入力データ

(本関数の詳細はs15ad のマニュアルページを参照)

このデータをダウンロード
s15ad Example Program Data
           -10.0
            -1.0
             0.0
             1.0
            10.0 

  • 1行目はタイトル行で読み飛ばされます。
  • 2〜6行目に誤差関数の補数の引数xの値を指定しています。

出力結果

(本関数の詳細はs15ad のマニュアルページを参照)

この出力例をダウンロード
s15ad Example Program Results

      x           y

   -1.000e+001  2.000e+000
   -1.000e+000  1.843e+000
    0.000e+000  1.000e+000
    1.000e+000  1.573e-001
    1.000e+001  2.088e-045

  • 5〜9行目に引数xの値と誤差関数の補数の値が出力されています。

ソースコード

(本関数の詳細はs15ad のマニュアルページを参照)

※本サンプルソースコードは .NET環境用の科学技術・統計計算ライブラリである「NAG Library for .NET」の関数を呼び出します。
サンプルのコンパイル及び実行方法


このソースコードをダウンロード
//      s15ad Example Program Text
//      C# version, NAG Copyright 2008
using System;
using NagLibrary;
namespace NagDotNetExamples
{
  public class S15ADE
  {
    static bool defaultdata = true;
    static string datafile = "";
    static void Main(String[] args)
    {
      if (args.Length == 1)
      {
        defaultdata = false;
        datafile = args[0];
      }
      StartExample();
    }
    public static void StartExample()
    {
      try
      {
        DataReader sr = null;
        if (defaultdata)
        {
          sr = new DataReader("exampledata/s15ade.d");
        }
        else
        {
          sr = new DataReader(datafile);
        }
        double x,   y;
        Console.WriteLine("s15ad Example Program Results");
        //      Skip heading in data file
        sr.Reset();
        Console.WriteLine("");
        Console.WriteLine(" {0}", "     x           y");
        Console.WriteLine("");
        try
        {
          while (true)
          {
            sr.Reset();
            x = double.Parse(sr.Next());
            // 
            y = S.s15ad(x);
            // 
            Console.WriteLine("  {0,12:e3}{1,12:e3}", x, y);
          }
        }
        catch
        {
        }
        // 
      }
      catch (Exception e)
      {
        Console.WriteLine(e.Message);
        Console.WriteLine("Exception Raised");
      }
    }
  }
}


Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks