関連情報

C#による 誤差関数

C#によるサンプルソースコード
使用関数名:s15ae

Keyword: 誤差関数

概要

本サンプルは誤差関数を求めるC#によるサンプルプログラムです。 本サンプルは引数xを読み込み、xの各値について以下に示される誤差関数を求めて出力します。

誤差関数のデータ 

※本サンプルはNAG Library for .NETに含まれる関数 s15ae() のExampleコードです。本サンプル及び関数の詳細情報は s15ae のマニュアルページをご参照ください。
ご相談やお問い合わせはこちらまで

入力データ

(本関数の詳細はs15ae のマニュアルページを参照)

このデータをダウンロード
s15ae Example Program Data
            -6.0
            -4.5
            -1.0
             1.0
             4.5
             6.0 

  • 1行目はタイトル行で読み飛ばされます。
  • 2〜7行目に誤差関数の引数xの値を指定しています。

出力結果

(本関数の詳細はs15ae のマニュアルページを参照)

この出力例をダウンロード
s15ae Example Program Results

      x           y

   -6.000e+000 -1.000e+000
   -4.500e+000 -1.000e+000
   -1.000e+000 -8.427e-001
    1.000e+000  8.427e-001
    4.500e+000  1.000e+000
    6.000e+000  1.000e+000

  • 5〜10行目に引数xの値と誤差関数の値が出力されています。

ソースコード

(本関数の詳細はs15ae のマニュアルページを参照)

※本サンプルソースコードは .NET環境用の科学技術・統計計算ライブラリである「NAG Library for .NET」の関数を呼び出します。
サンプルのコンパイル及び実行方法


このソースコードをダウンロード
//      s15ae Example Program Text
//      C# version, NAG Copyright 2008
using System;
using NagLibrary;
namespace NagDotNetExamples
{
  public class S15AEE
  {
    static bool defaultdata = true;
    static string datafile = "";
    static void Main(String[] args)
    {
      if (args.Length == 1)
      {
        defaultdata = false;
        datafile = args[0];
      }
      StartExample();
    }
    public static void StartExample()
    {
      try
      {
        DataReader sr = null;
        if (defaultdata)
        {
          sr = new DataReader("exampledata/s15aee.d");
        }
        else
        {
          sr = new DataReader(datafile);
        }
        double x,   y; Console.WriteLine("s15ae Example Program Results");
        //      Skip heading in data file
        sr.Reset();
        Console.WriteLine("");
        Console.WriteLine(" {0}", "     x           y");
        Console.WriteLine("");
        try
        {
          while (true)
          {
            sr.Reset();
            x = double.Parse(sr.Next());
            // 
            y = S.s15ae(x);
            // 
            Console.WriteLine("  {0,12:e3}{1,12:e3}", x, y);
          }
        }
        catch
        {
        }
        // 
      }
      catch (Exception e)
      {
        Console.WriteLine(e.Message);
        Console.WriteLine("Exception Raised");
      }
    }
  }
}


Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks