結論

テクニカルレポート

前へ | 偏微分方程式解法用のメッシュ生成トップへ | 次へ

7. 結論

本レポートでは簡単なPDEの有限要素法による解法において、NAG Fortran Libraryルーチン(D06章とF11章からのルーチン)をどう組み合わせて用いたら良いかを具体的に示した。Libraryの今後のリリースにおいては、有限要素問題に特化したより多くのルーチンが提供されるはずである。

D06章のルーチンのベースとしてソフトウェアを使用させていただいたINRIA RocquencourtのMODULEFグループ、及び有用なコメントをいただいたDr G.J. Shawに感謝の意を表したい。
 


関連情報
MENU
Privacy Policy  /  Trademarks