NAG Library for .NET, Release 2

メソッドリスト(カテゴリ別)

ホーム > 製品 > NAG 数値計算ライブラリ > NAG Library for .NET > Release 2 メソッドリスト(カテゴリ別)
Chapter A00 ライブラリの識別 Chapter C05 超越方程式の根
Chapter C06 級数の和 Chapter C09 ウェーブレット変換
Chapter D01 数値積分 Chapter E01 補間
Chapter E02 曲線と曲面のあてはめ Chapter E04 関数の最小化と最大化(局所的最適化)
Chapter E05 大域的最適化 Chapter F01 行列の演算(逆行列を含む)
Chapter F06 線形代数サポートルーチン Chapter F07 線形方程式(LAPACK)
Chapter F08 最小二乗と固有値問題(LAPACK) Chapter G01 統計データの単純計算
Chapter G02 相関と回帰分析 Chapter G03 多変量解析
Chapter G05 乱数生成 Chapter G07 単変量推定
Chapter G13 時系列解析 Chapter H オペレーションズ・リサーチ
Chapter S 特殊関数 Chapter X01 数学定数
Chapter X02 マシン定数 Chapter X04 入出力ユーティリティ

関数の左肩に * が付いているメソッドは、Release 2 で追加されたメソッドです。

 
A00 ライブラリの識別
A00 チャプター・イントロダクション
 ライセンスキーのチェック機能  A00AC
 ライブラリの識別
  実装の詳細とバージョン番号の出力  A00AA
 
C05 超越方程式の根
C05 チャプター・イントロダクション
 多変数関数の根
  チェックルーチン
   ユーザ定義のヤコビアンのチェック* C05ZD
  Direct Communication
   簡易版
    導関数が必要* C05RB
    導関数不要* C05QB
   上級者向け
    導関数が必要* C05RC
    導関数不要* C05QC
  Reverse Communication
   上級者向け
    導関数が必要* C05RD
    導関数不要* C05QD
 1変数関数の根
  Direct Communication
   ブレントアルゴリズム* C05AY
   ブレントアルゴリズムによる二分探索* C05AU
   連続法* C05AW
  Reverse Communication
   二分探索  C05AV
   ブレントアルゴリズム  C05AZ
   連続法  C05AX
 
C06 級数の和
C06 チャプター・イントロダクション
 離散フーリエ変換
  1次元
   多重変換
    エルミート行列
     行による実数領域  C06FQ
    実数列
     行による実数領域  C06FP
 
C09 ウェーブレット変換
C09 チャプター・イントロダクション
 1次元
  離散
   シングルレベル
    ウェーブレット変換  C09CA
    逆ウェーブレット変換  C09CB
   マルチレベル
    ウェーブレット変換  C09CC
    逆ウェーブレット変換  C09CD
 
D01 数値積分
D01 チャプター・イントロダクション
 ガウス求積法の重みと横座標
  規則の一般的選択
   重みと横座標の計算  D01BC
 多次元求積法
  一般的積領域
   ベクトルマシン上で特に効率的なD01GC の変形  D01GD
  超矩形上
   適応型手法  D01FC
  n球上(n 4)
   性質の悪い被積分関数を許容  D01JA
  n次元単体上  D01PA
 有限区間の2次元求積法  D01DA
 1次元求積法
  無限区間または半無限区間上の関数の適応型積分
   重み関数なし  D01AM
   重み関数cos(ωx)sin(ωx)  D01AS
  有限区間上の関数の適応型積分
   重み関数1 / (xc) Cauchy の主値 (ヒルベルト変換)  D01AQ
   重み関数cos(ωx)sin(ωx)  D01AN
   代数−対数タイプの端点特異性をもつ重み関数  D01AP
   Pattersonによる手法
    性質の良い被積分関数に適合(端点を除く)  D01AH
   Piessens と de Donckerによる手法
    高度振動積分に適合
     単一横座標インターフェース  D01AK
    性質の悪い被積分関数に適合
     単一横座標インターフェース  D01AJ
    ユーザ設定のブレークポイントでの特異点を許容  D01AL
  有限区間上の非適応型積分  D01BD
   不定積分を準備として実行  D01AR
 Korobov最適係数(D01GCと D01GDで使用)
  分点の数が2つの素数の積の場合  D01GZ
  分点の数が素数の場合  D01GY
 
E01 補間
E01 チャプター・イントロダクション
 補間
  評価
   E01BEによる計算から  E01BF
 補間関数
  1変数
   他の区分的多項式  E01BE
   3次スプライン  E01BA
  2変数
   双3次スプライン  E01DA
 補間値
  1変数
   E01BEで計算された補間  E01BF
 補外法
  1変数
   区分的3次エルミート  E01BE
 
E02 曲線と曲面のあてはめ
E02 チャプター・イントロダクション
 評価
  ベクトル点における双3次スプライン  E02DE
  メッシュ上の双3次スプライン  E02DF
  3次スプライン  E02BB
 
E04 関数の最小化と最大化(局所的最適化)
E04 チャプター・イントロダクション
 最小値,多変数の関数,単純境界
  1階導関数と2階導関数を使用,修正ニュートン・アルゴリズム  E04LB
 最小値,多変数の関数,単純境界(簡易版)
  関数値のみを使用,準ニュートン・アルゴリズム  E04JY
  関数値のみを使用,2次近似* E04JC
  1階導関数と2階導関数を使用,修正ニュートン・アルゴリズム  E04LY
  1階導関数を使用
   修正ニュートン・アルゴリズム  E04KZ
   準ニュートン・アルゴリズム  E04KY
 最小値,多変数の関数,単純境界(通常版)
  1階導関数を使用,修正ニュートン・アルゴリズム  E04KD
 最小値,多変数の関数,非線形制約
  関数値とオプションで1階導関数を使用,逐次2次計画法
   スパース  E04VH
   スパース(推奨 – E04VHよりも処理が速く確実な場合があります)  E04UG
   密な  E04WD
   密な(推奨 – E04WDよりも処理が速く確実な場合があります)  E04UC
 最小値,多変数の関数,非線形制約(通常版)
  関数値とオプションで1階導関数を使用,逐次2次計画法
   Reverse Communication (密な)  E04UF
 最小値,1変数の関数
  関数値のみを使用  E04AB
  1階導関数を使用  E04BB
 制約なし最小値,多変数の関数
  関数値のみを使用,シンプレックス・アルゴリズム  E04CB
  1階導関数を使用,前処理つき共役勾配アルゴリズム  E04DG
 制約なし2乗和の最小値(簡易版)
  関数値のみを使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズム  E04FY
  1階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズム  E04GZ
   ガウス・ニュートン法と準ニュートン法を組みあわせたアルゴリズム  E04GY
  2階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズム  E04HY
 制約なし2乗和の最小値(通常版)
  関数値のみを使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズム  E04FC
  1階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズム  E04GD
  2階導関数を使用
   ガウス・ニュートン法と修正ニュートン法を組みあわせたアルゴリズム  E04HE
 線形計画問題または2次計画問題(スパース)  E04NK
 線形計画問題または2次計画問題(スパース)(推奨 – E04NKよりも処理が速く確実な場合があります)  E04NQ
 線形計画問題(密)  E04MF
 凸2次計画問題または線形制約つき最小2乗問題(密)  E04NC
 変数の境界値をもつ線形最小2乗* E04PC
 2次計画問題(密)* E04NF
 2乗和の制約つき最小値,非線形制約
  関数値とオプションで1階導関数を使用,逐次2次計画法
   密な  E04US
 サービスルーチン
  関数の勾配やへシアンの推定  E04XA
  計算に関してユーザルーチンをチェック
   関数の1階導関数  E04HC
   関数の2階導関数  E04HD
   1階導関数のヤコビアン  E04YA
   2乗和のへシアン  E04YB
  E04VHの呼び出しの前にヤコビ行列の非ゼロパターンを決定  E04VJ
 
E05 大域的最適化
E05 チャプター・イントロダクション
 大域的最適化,多変数の関数,一般制約
  マルチスタート* E05UC
 大域的最適化,多変数の関数,境界制約
  関数値のみを使用  E05JB
 大域的最適化,多変数の関数,2乗和,一般制約
  マルチスタート* E05US
 
F01 行列の演算(逆行列を含む)
F01 チャプター・イントロダクション
 行列演算と操作
  行列の格納スキーム変換
   圧縮三角フォーマットスキームから完全フォーマットスキームへ
    実行列* F01VC
    複素行列* F01VD
   圧縮三角フォーマットスキームからRectangular Full Packedフォーマットスキームへ
    実行列* F01VJ
    複素行列* F01VK
   完全フォーマットスキームから圧縮三角フォーマットスキームへ
    実行列* F01VA
    複素行列* F01VB
   完全フォーマットスキームからRectangular Full Packedフォーマットスキームへ
    実行列* F01VE
    複素行列* F01VF
   Rectangular Full Packedフォーマットスキームから圧縮三角フォーマットスキームへ
    実行列* F01VL
    複素行列* F01VM
   Rectangular Full Packedフォーマットスキームから完全フォーマットスキームへ
    実行列* F01VG
    複素行列* F01VH
 行列関数
  実対称n xn行列
   行列関数* F01EF
   行列指数* F01ED
  複素エルミートn by n 行列
   行列関数* F01FF
   行列指数* F01FD
  複素n by n 行列
   行列指数* F01FC
 
F06 線形代数サポートルーチン
F06 チャプター・イントロダクション
 レベル0 (スカラー) 演算
  実数
   (a2 + b2)1 / 2を計算  F06BN
 レベル1(ベクトル) 演算
  実ベクトル
   ベクトルとスカラーの積,入力ベクトルを保護  F06FD
   ベクトルの複写  F06EF
   ベクトルのユークリッド・ノルム  F06EJ
   2つのベクトルの内積  F06EA
  整数ベクトル
   スカラーをベクトルへ拡張  F06DB
  複素ベクトル
   ベクトルのユークリッド・ノルム  F06JJ
 レベル2(行列-ベクトルと行列 ) 演算
  実行列とベクトル
   行列ベクトル積
    矩形行列  F06PA
   ノルムの計算または最も大きい絶対値の計算
    行列初期化  F06QH
   ランク2更新
    行列複写、矩形または台形* F06QF
   連立方程式の解
    三角行列  F06PJ
 レベル3 (行列-行列) 演算
  実行列
   行列積
    1つの矩形行列  F06YA
   三角連立方程式の解  F06YJ
 
F07 線形方程式(LAPACK)
F07 チャプター・イントロダクション
 逆行列
  実三角行列  F07TJ
 誤差推定
  実三角行列* F07TH
 連立線形方程式の解
  簡易なドライバルーチン
   実三角行列* F01TE
  係数行列の分解後
   実対称正定値帯行列  F07HE
   複素行列  F07AS
  高度なドライバルーチン(行列を分解し連立線形方程式を解き、条件数と誤差限界の推定値を求める)
   実行列(LU分解)  F07AB
   実対称正定値行列(コレスキー分解)  F07FB
   複素エルミート正定値行列(コレスキー分解)  F07FP
   複素行列(LU分解)  F07AP
 LLT または UTU 分解
  実対称正定値帯行列  F07HD
 LU 分解
  複素行列  F07AR
 
F08 最小二乗と固有値問題(LAPACK)
F08 チャプター・イントロダクション
 圧縮形式の行列の固有値問題
  実対称行列
   固有値と固有ベクトル
    一般行列
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算  F08FA
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算,または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算  F08FB
   固有値のみ
    一般行列
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算  F08FA
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,二分法による選択された固有値の計算  F08FB
  複素エルミート行列
   固有値と固有ベクトル
    一般行列
     root-free QR アルゴリズムによる全ての固有値と固有ベクトルの計算または二分法と逆反復法による選択された固有値と固有ベクトルの計算  F08FP
   固有値のみ
    一般行列
     QL またはQR アルゴリズムの1種Pal–Walker–Kahan 法による全ての固有値の計算,または二分法による選択された固有値の計算  F08FP
 実対称行列または複素エルミート行列の固有ベクトルの演算,または一般行列の特異ベクトルの演算
  条件数の推定  F08FL
 線形方程式の優決定及び劣決定
  実行列
   優決定あるいは劣決定の実線形連立方程式の解  F08AA
  複素行列
   優決定あるいは劣決定の複素線形連立方程式の解  F08AN
 特異値分解
  実行列
   準対角QR 反復法を使用  F08KB
  複素行列
   準対角QR 反復法を使用  F08KP
 非対称行列の固有値問題
  実行列
   全ての固有値と左右固有ベクトル,バランス変換,条件数の逆数  F08NB
  複素行列
   全ての固有値と左右固有ベクトル,バランス変換,条件数の逆数  F08NP
 非対称行列ペアの一般化固有値問題
  複素非対称行列ペア
   全ての固有値と左右固有ベクトル,及びバランス変換,条件数の逆数  F08WP
  2つの実非対称行列
   全ての固有値と左右固有ベクトル,及びバランス変換,条件数の逆数  F08WB
 QR 分解と関連する演算
  実行列
   一般行列
    直交行列の適用  F08AG
    分解
     列によるピボット選択付き,BLAS-3を使用  F08BF
    分解,列によるピボット選択つき  F08BE
 
G01 統計データの単純計算
G01 チャプター・イントロダクション
 記述統計/探索解析
  要約
   中央値,ヒンジ,四分位数,最小値,最大値  G01AL
   度数表/分割表
    1変数  G01AE
    2変数, χ 2 及びフィッシャーの直接確率検定  G01AF
   平均,分散,歪度,尖度(1変数)
    度数表から  G01AD
   四分位数
    並べ替えられていないベクトル  G01AM
 スコア
  正規スコア
   近似値  G01DB
   正確な値  G01DA
   分散共分散行列  G01DC
  正規スコア,順位または指数(Savage)スコア  G01DH
 分布
  エネルギー損失分布
   バビロフ(Vavilov)
    初期化  G01ZU
    分布  G01EU
    密度  G01MU
   ランダウ(Landau)
    逆分布  G01FT
    第一モーメント  G01PT
    第二モーメント  G01QT
    分布  G01ET
    密度  G01MT
    密度導関数  G01RT
  ガンマ分布
   確率
    スカラー  G01EF
   偏差
    スカラー  G01FF
  コルモゴロフ・スミルノフ(Kolomogorov–Smirnov)分布
   確率
    1標本  G01EY
    2標本  G01EZ
  スチューデント化された範囲の統計量
   確率  G01EM
   偏差  G01FM
  ステューデントt分布
   中心
    1変量
     確率
      スカラー  G01EB
     偏差
      スカラー  G01FB
   非心
    確率  G01GB
  正規分布
   多変量
    確率  G01HB
    二次形式
     カラムとモーメント  G01NA
     比のモーメント  G01NB
   1変量
    確率
     スカラー  G01EA
    シャピロ・ウィルク(Shapiro-Wilk)の正規性検定  G01DD
    偏差
     スカラー  G01FA
    ミル(Mill)比の逆数  G01MB
   2変量
    確率  G01HA
  ダービンワトソン統計量
   確率  G01EP
  超幾何分布
   分布関数
    スカラー  G01BL
  フォン・ミーゼズ(von Mises)分布
   確率  G01ER
  ベータ
   中心
    確立と確率密度関数
     スカラー  G01EE
    偏差
     スカラー  G01FE
   非心
    確率  G01GE
  ポアソン分布
   分布関数
    スカラー  G01BK
   χ 2分布
   中心
    確率  G01EC
    線形結合の確率  G01JD
    偏差  G01FC
   非心
    確率  G01GC
    線形結合の確率  G01JC
  2項分布
   分布関数
    スカラー  G01BJ
  F:分布
   中心
    確率
     スカラー  G01ED
    偏差
     スカラー  G01FD
   非心
    確率  G01GD
 
G02 相関と回帰分析
G02 チャプター・イントロダクション
 一般化線形モデル
  ガンマ誤差  G02GD
  推定可能関数  G02GN
  正規誤差  G02GA
  変換モデルパラメータ  G02GK
  ポアソン誤差  G02GC
  予測値  G02GP
  2項誤差  G02GB
 最近傍相関行列(Nearest Correlation Matrix)の計算:k 因子モデルを使用* G02AE
 最近傍相関行列(Nearest Correlation Matrix)の計算:Qi及びSunの手法を使用
  重みと限界値を組み込むようG02AAを拡張* G02AB
  重みなし  G02AA
 残差
  ダービンワトソン検定  G02FC
  標準化残差と影響の計算  G02FA
 ステップワイズ線形回帰(変数増減法)
  多重線形性のチェック(クラークのスイープアルゴリズム)とF値による変数選択  G02EF
 積率相関
  相関行列
   相関行列と共分散行列の計算  G02BX
   偏相関行列と共分散行列の計算  G02BY
   2乗和行列からの計算  G02BW
  相関係数,全ての変数
   欠測値なし  G02BA
   欠測値のケースごとの処理  G02BB
   欠測値のペアごとの処理  G02BC
  相関係数,変数のサブ集合
   欠測値なし  G02BG
   欠測値のケースごとの処理  G02BH
   欠測値のペアごとの処理  G02BJ
  2乗和行列
   計算  G02BU
   更新  G02BT
 線形回帰
  定数項をもたず欠測値がある  G02CD
  定数項をもたない  G02CB
  定数項をもち欠測値がある  G02CC
  定数項をもつ  G02CA
 線形混合効果回帰
  最尤法(ML:Maximum Likelihood)を使用  G02JB
  制限つき最尤法(REML:Restricted Maximum Likelihood)を使用  G02JA
 相関のありそうな係数
  全ての変数
   欠測値なし  G02BD
   欠測値のケースごとの処理  G02BE
   欠測値のペアごとの処理  G02BF
  変数のサブ集合
   欠測値なし  G02BK
   欠測値のケースごとの処理  G02BL
   欠測値のペアごとの処理  G02BM
 多重線形回帰
  相関係数から  G02CG
  相関のありそうな係数から  G02CH
 多重線形回帰/一般線形モデル
  新しい従属変数の回帰  G02DG
  一般線形回帰モデル  G02DA
  更新モデルからの回帰パラメータ  G02DD
  推定関数の計算  G02DN
  モデルから観測値を追加/削除  G02DC
  モデルから独立変数を削除  G02DF
  モデルに独立変数を追加  G02DE
  モデルパラメータの変換  G02DK
 ノンパラメトリック順位相関(ケンドル/スピアマン)
  欠測値
   欠測値のケースごとの処理
    入力データの書き換え  G02BP
    入力データの保持  G02BR
   欠測値のペアごとの処理  G02BS
  欠測値なし
   入力データの書き換え  G02BN
   入力データの保持  G02BQ
 部分最小2乗(PLS:Partial Least Squares)
  推定PLSモデルで与えられる予測の計算  G02LD
  特異値分解を用いた直交スコア  G02LA
  任意の因子についてPLSモデルを適合  G02LC
  Woldの反復法を用いた直交スコア  G02LB
 分位点回帰(内点法:Inter Point Algorithm)
  線形
   簡易版* G02QF
   通常版* G02QG
 ロバスト回帰
  標準のM-推定  G02HA
  ユーザ提供重み関数  G02HD
  G02HDと共に使用するための重みの計算  G02HB
  G02HD呼び出し後の分散・共分散行列  G02HF
 ロバスト相関
  ユーザ提供の重み関数と導関数  G02HL
  ユーザ提供の重み関数のみ  G02HM
  Huber法  G02HK
 Ridge回帰
  与えられたRidgeパラメータを使用  G02KB
  最適化されたRidgeパラメータを使用  G02KA
 サービスルーチン
  多重線形回帰
   ベクトルと行列の要素の選択  G02CE
   ベクトルと行列の要素の並べ替え  G02CF
 
G03 多変量解析
G03 チャプター・イントロダクション
 主成分分析  G03AA
 
G05 乱数生成
G05 チャプター・イントロダクション
 疑似乱数
  生成器の初期化
   複数ストリーム
    leap-frog  G05KH
    skip-ahead  G05KJ
    skip-ahead (2の累乗)* G05KK
  多変量分布から変量の配列を生成
   スチューデント t分布  G05RY
   正規分布  G05RZ
   多項分布  G05TG
   Dirichlet分布  G05SE
  離散1変量分布から乱数ベクトルを生成
   一様分布  G05TL
   幾何分布  G05TC
   対数分布  G05TF
   超幾何分布  G05TE
   二項分布  G05TA
   パラメータ配列をもつ離散分布からの変量配列
    変動平均のポワソン分布  G05TK
   負の二項分布  G05TH
   ポワソン分布  G05TJ
   ユーザ提供の分布  G05TD
   論理値.TRUE. または.FALSE.  G05TB
  連続1変量分布から変量ベクトルを生成
   一様分布  G05SQ
   ガンマ分布  G05SJ
   三角分布  G05SP
   指数混合分布  G05SG
   スチューデントt-分布  G05SN
   正規分布  G05SK
   対数正規分布  G05SM
   負の指数分布  G05SF
   ベータ分布  G05SB
   連続一様分布からの実数  G05SA
   ロジスティック分布  G05SL
   χ2分布  G05SD
   Cauchy分布  G05SC
   F-分布  G05SH
   von Mises 分布  G05SR
   Weibull 分布  G05SS
  copula
   スチューデントt copula  G05RC
   Gaussian copula  G05RD
 時系列の生成
  指数平滑化モデル  G05PM
  ベクトル ARMA  G05PJ
  1変量 ARMA  G05PH
  EGARCH  G05PG
  GJR GARCH  G05PF
  type I AGARCH  G05PD
  type II GARCH   G05PE
 準乱数
  一様分布から変量配列
   一様分布  G05YM
  生成器の初期化
   スクランブルSobol または Niederreiter  G05YN
   Sobol, Niederreiter または Faure  G05YL
 標本,行列,表の生成
  整数ベクトルの疑似乱数置換  G05NC
  整数ベクトルの乱数サンプリング
   重みづけなし,置換なし  G05ND
  乱数表の生成  G05PZ
  ランダム相関行列の生成  G05PY
  ランダム直交行列の生成  G05PX
 
G07 単変量推定
G07 チャプター・イントロダクション
 異常値の検出
  Peirce法
   提供された2つの分散* G07GB
   生データまたは提供された単一分散* G07GA
 
G13 時系列解析
G13 チャプター・イントロダクション
 指数平滑法(単純、二重、線形ホルト、Holt-Winters 加法/乗法)  G13AM
 ベクトルARMA(VARMA)
  階差  G13DL
  フィッティング  G13DD
  予測  G13DJ
  予測の更新  G13DK
  ARIMA演算の解  G13DX
 1変量スペクトル分析
  直接平滑化  G13CB
  バートレット,テューキー,パルザンのラグウィンドウ  G13CA
 2変量スペクトル分析
  ゲイン,位相  G13CF
  相互振幅スペクトル  G13CE
  直接的平滑化  G13CD
  ノイズスペクトラム  G13CG
  バートレット,テューキー,パルザンのラグウィンドウ  G13CC
 ARIMAモデル(多変量,伝達関数モデル)
  完全に特定化したモデルからの予測  G13BJ
  状態集合の更新  G13BG
  相互相関  G13BC
  パラメータ推定  G13BD
  フィッティング(最小二乗法,厳密な尤度,周辺尤度)  G13BE
  フィルタリング  G13BB
  プレ・ホワイトニング  G13BA
 ARIMAモデル(単変量)
  階差  G13AA
  完全に特定化したモデルからの予測  G13AJ
  診断チェック  G13AS
  状態集合からの予測  G13AH
  状態集合の更新  G13AG
  推定(簡易版)  G13AF
  パラメータ推定  G13AD
  平均/範囲  G13AU
  ACF  G13AB
  PACF  G13AC
 GARCH
  EGARCH
   フィッティング  G13FG
   予測  G13FH
  GJR GARCH
   フィッティング  G13FE
   予測  G13FF
  type I AGARCH
   フィッティング  G13FA
   予測  G13FB
  type II AGARCH
   フィッティング  G13FC
   予測  G13FD
 
H オペレーションズ・リサーチ
H チャプター・イントロダクション
 整数計画問題(スパース)
  分枝限定法を用いたLPまたはQP問題の解* H02CE
 整数計画問題(密な)
  分枝限定法を用いたLP問題の解* H02BB
  分枝限定法を用いたQP問題の解* H02CB
 
S 特殊関数
S チャプター・イントロダクション
 一般化階乗関数  S14AA
 エアリー関数
  Ai または Ai,複素数の引数,オプションでスケーリング  S17DG
  Ai,実数の引数
   スカラー  S17AJ
  Ai,実数の引数
   スカラー  S17AG
  Bi または Bi,複素数の引数,オプションでスケーリング  S17DH
  Bi,実数の引数
   スカラー  S17AK
  Bi,実数の引数
   スカラー  S17AH
 ガンマ関数  S14AA
  不完全  S14BA
 ガンマ関数の対数
  実数  S14AB
 ケルビン関数
  bei x
   スカラー  S19AB
  ber x
   スカラー  S19AA
  kei x
   スカラー  S19AD
  ker x
   スカラー  S19AC
 誤差関数の補数
  実数の引数  S15AD
  スケーリングされた実数の引数  S15AG
 指数積分  S13AA
 スケーリングされたディガンマ関数  S14AD
 スケーリングされたトリガンマ関数  S14AD
 スケーリングされた変形ベッセル関数
  e(x)I0(x), 実数の引数
   スカラー  S18CE
  e(x)I1(x),実数の引数
   スカラー  S18CF
  ex K0 (x),実数の引数
   スカラー  S18CC
  ex K1 (x),実数の引数
   スカラー  S18CD
 正弦積分  S13AD
 正弦(sine)
  双曲線  S10AB
 正接(tangent)
    S07AA
  双曲線  S10AA
 第1種ルジャンドル関数Pnm(x)Pnm(x)  S22AA
 ダウソン積分  S15AF
 楕円関数,ヤコビ,sn,cn,dn
  実数の引数  S21CA
  複素数の引数  S21CB
 楕円積分
  対称化
   縮退した第1種 RC  S21BA
   第1種RF  S21BB
   第2種RD  S21BC
   第3種RJ  S21BD
  ルジャンドル形式
   第1種完全,K(m)  S21BH
   第1種,F (ϕ | m)  S21BE
   第2種完全,E (m)  S21BJ
   第2種,E (ϕm)  S21BF
   第3種,Π (n ; ϕm)  S21BG
 フレネル積分
  C
   スカラー  S20AD
  S
   スカラー  S20AC
 プサイ関数  S14AC
 プサイ関数のスケーリングされた導関数  S14AD
 ベッセル関数
  I0,実数の引数
   スカラー  S18AE
  I1,実数の引数
   スカラー  S18AF
  J0,実数の引数
   スカラー  S17AE
  J1,実数の引数
   スカラー  S17AF
  K0,実数の引数
   スカラー  S18AD
  Y0,実数の引数
   スカラー  S17AC
  Y1,実数の引数
   スカラー  S17AD
 ベッセル関数の根Jα(x)Jα(x)Yα(x)Yα(x)
  スカラー  S17AL
 ポリガンマ関数
  ψ(n)(x), 実数x  S14AE
 ヤコビシータ関数θk(xq)
  実数の引数  S21CC
 余弦積分  S13AC
 余弦(cosine)
  双曲線  S10AC
 累積正規分布関数  S15AB
 累積正規分布関数の補数  S15AC
 1 + x の対数  S01BA
 Arccos
  逆余弦  S09AB
 Arccosh
  逆双曲線余弦  S11AC
 Arcsin
  逆正弦  S09AA
 Arcsinh
  逆双曲線正弦  S11AB
 Arctanh
  逆双曲線正接  S11AA
 Erf
  実数の引数  S15AE
 Erfc
  実数の引数  S15AD
 erfcx
  実数の引数  S15AG
 
X01 数学定数
X01 チャプター・イントロダクション
 オイラー定数γ  X01AB
 π  X01AA
 
X02 マシン定数
X02 チャプター・イントロダクション
 最大の表現可能整数  X02BB
 表示できる10進数の最大値  X02BE
 浮動小数点モデルの派生パラメータ
  安全範囲(safe range)  X02AM
  最小の正のモデル数  X02AK
  最大の正のモデル数  X02AL
  マシン精度  X02AJ
 浮動小数点モデルのパラメータ
  b  X02BH
 
X04 入出力ユーティリティ
X04 チャプター・イントロダクション
 行列の出力
  簡易版
   一般実行列  X04CA
   一般複素行列  X04DA
   実帯圧縮行列  X04CE
   実三角圧縮行列  X04CC
  通常版
   一般実行列* X04CB
   一般複素行列* X04DB

関連情報
Privacy Policy  /  Trademarks