実一般化対称固有値問題: パック形式の対称定値一般化行列 : (選択された固有値およびオプショナルで固有ベクトル)

LAPACKサンプルソースコード : 使用ルーチン名:DSPGVX

ホーム > LAPACKサンプルプログラム目次 > 実一般化対称固有値問題 > パック形式の対称定値一般化行列

概要

本サンプルはFortran言語によりLAPACKルーチンDSPGVXを利用するサンプルプログラムです。

一般化対称固有値問題 $ A x = \lambda B x$で半開区間 $ (-1.0, 1.0]$の固有値と対応する固有ベクトルを求めます。 

\begin{displaymath}
A = \left(
\begin{array}{rrrr}
0.24 & 0.39 & 0.42 & -0.16...
...6 & 0.34 \\
-0.10 & 1.09 & 0.34 & 1.18
\end{array} \right).
\end{displaymath}

DSPGVDの例題プログラムは一般化対称固有値問題$ A B x = \lambda x$の解き方を示します。

例題プログラム
例題用データ
例題結果



Sven Hammarling 2005-11-14

ご案内
関連情報
Privacy Policy  /  Trademarks