関連情報
ホーム > 製品 > NAG数値計算ライブラリ > ソフトウエア開発費用例

自社開発 v.s. ライブラリ利用

自社開発した場合のコストと
数値計算ライブラリを利用した場合のコスト比較

happyman「信頼性の高いライブラリを利用する」という選択肢

もしあなたのクライアントの要求に、最適化、モデリング、予測、データマイニング等が含まれている場合、それらの要求を簡単に満たす方法が存在します。 長い時間と費用をかけてコード開発を行わずに、数値計算のエクスパートにより開発&テスト済みのNAG数値計算ライブラリNAGデータマイニングコンポーネント利用するという選択肢が存在します。

費用算出例

以下は分散分析(ANOVA)を行うための一連サブルーチン群を開発した場合のコストを算出した例です。3年間のメンテナンスも含めて3000万円程度が見込まれています。

一方でNAG数値計算ライブラリを利用すればこれらの費用を削減できることに加え、更に開発とテストに要する時間を大幅に短縮することができます。開発期間の短縮により、マーケットニーズに俊敏な対応が可能です。

※年棒は2006年の「The U.S. Bureau of Labor Statistics」が公表した平均的なプログラマの年間給与($69,500)に基づきます。(1$=110円で算出)

ソフトウエア開発コスト

上記表のExcelシートはこちらからダウンロード可能です。


Results matter. Trust NAG.

Privacy Policy | Trademarks